ブログで何を書いたらいいかわからない!という方のために

ブログを書きたいけれど、
何を書いたらいいかわからない!
書けない!という声をよくお聞きします

ブログをビジネスで使うならば、
プライベートのことはFacebookやinstagramu、twitterに投稿して、
ブログには、ビジネスに関するノウハウ記事やコラム記事を書くと良いです

各メディアにはそれぞれの特性があります
ホームページは、「お申し込みしたい」お客様が訪問する場所
ネットショップや販売ページは、「買いたい」お客様が訪問する場所
ブログは、「知りたい」お客様が訪問する場所です
悩みを抱えていて、解決方法を知りたいお客様が訪れるのが、ブログです

ちなみに、Facebookは「出逢い」の場所です
自分のビジネスを売り込む場所ではありません

Facebookは受動的なメディアです
自分の意志に関わらず、ニュースフィードに勝手に投稿が流れてくる状態
つまり「読まされる」状態です
ガツガツと売り込むような記事だと、読まずにスルーしますよね
自分の管理するFacebookページや、Facebookグループならば、
自分や自分のビジネスに興味のある人がいいねをしてくれていたり、参加してくれているので、
サービスを紹介しても不快ではありません

さて、ブログで記事を書くためには、
自分が何屋さんかを自分自身でしっかりと定めておく必要があります

たとえば、
ラーメン専門家なら、ラーメン専門家であるというプロ意識をもって記事を書くと決めることです
さらに、その中でも自分の専門はとんこつラーメンなのか、醤油ラーメンなのか…を明確にしておくことです

ビジネスである以上、お客様よりもその分野においてプロでなければなりません
とんこつラーメンと決めたら、とんこつラーメンについて、
あらゆる角度で自分の中にある知識やノウハウ、コラムを書くのです

そして、ブログを書く上で、最も大切なポイントは、
「背伸びをしないこと」です

これは、口をすっぱくして何度も言いますが、
背伸びをしたり、ムリをする必要はありません

お客様よりも自分を良く見せようとしなきゃ、と
ついつい力んでしまうことがあります
等身大の自分よりも、できる自分を演じてしまったり…
自分ではそのつもりがなくても、いつの間にか背伸びをしてしまうことがあります
とくに起業スタート時で、自信がないときは、
自信がない自分を隠すために、無意識にフリをしてしまうこともあるでしょう

出来ないことを出来るようになることと、
出来ないことを出来るようにみせることは、
大きな違いがあります
前者は現実論ですが、後者は理想論です

知識やノウハウは、誰でも伝えられます
大切なのは、自分が腑に落ちていることを伝えることです
出来ないことを出来るようにみせると、どんどん苦しくなってしまいます

記事を書いていくと、自分で書きながら、
「いやいや自分出来てないじゃん」とツッコみをいれるときがあります
それが、現実論ではなく理想論になっている状態です
そのときは、まず自分自身がそのことを実践して腑に落とすことから始めましょう

その点でも、ブログを書いていくと、
自分が何ができていて、何がまだできていないのか?
客観的に見えてくるので、自分の中のものをどんどんアウトプットすることをおススメします

「自分がもっているものしか与えられない」と言いますが、
苦難を乗り越え人しか、苦難の乗り越え方は伝えられないものです
理想論でビジネスをしてしまうと、
お客様に思い通りの結果を出せないので、信頼を裏切ってしまいます
ビジネスは現実論に基づいていなければ、うまくいきません

そのためにも、自分のことを深く棚卸しすることが必要です
過去自分はどんなことで悩んでいて、どうなりたいと感じていて、
どんなことがきっかけで、どんなことをしたおかげで、今何ができるようになったのか?
それが、お客様が求めているものと、あなたが提供できる価値です

なんでも記事に出してしまうと、自分のサービスへのお申し込みが減るんじゃないか…と、
心配する方もいるかもしれませんが、
出し惜しみせずなんでも記事に書くことをおススメします
むしろ遠慮せずなんでも記事に出した方が、共感してもらいやすかったり、信頼を得やすいです



自分らしさで慕われる
オリジナル名刺作成

福岡を拠点におひとり様起業家の方のための
オリジナル名刺作成・名刺の作り方講座、
ヘッダー画像作成、アメブロカスタマイズなどを行っております