時代が変われば名刺も変わる

ビジネスに欠かせない名刺ですが
たくさんの起業家の方や経営者の方と名刺交換させていただく中で
「昔と同じ名刺の作り方では今の世の中にあってない」と感じてます

↑写真は駅構内一面に名刺が貼られていることで有名な大畑駅の写真です

 

ふううの名刺をイメージすると、
・名前
・肩書き
・会社名や屋号
・連絡先(電話番号、メールアドレス)
・HPなどのURL
などが掲載されているのが一般的ですね
そして、裏面に事業内容などが書かれてあったりします

 

しかし、
たくさんの起業家の方と交流したり
経営者の方に聞いたりして
感じていることがあります

 

それは、
名刺に掲載されている連絡先にはほとんど連絡しないということ
そして、
名刺交換とほぼ同時に、ソーシャルメディアでお友達になっているということ

 

その後のコンタクトを取りたい場合も
メッセンジャーかLINEでやりとりすることがほとんどだということです

 

とある大成功されている経営者の方が
「ソーシャルメディアが名刺がわりのようなもの」とお話されていました

 

名刺は興味をもってもらったり印象に残るためのきっかけ作りで、
実際の連絡はメッセンジャーやLINEでやりとりをするのだそう
(赤外線で連絡先をやりとりしていた時代がなつかしいですねっ)
だから、名刺もFacebookの個人アカウントもとってもこだわりを持って使いこなされていました

 

わたしもまさに
名刺は入口だと感じていて、
そこから興味を持ってくださった方が、
Facebookやブログ、ホームページにつながってくださいます

 

ビジネスもプライベートも見た目10割です
今やソーシャルメディアが名刺がわりのようなもの
ソーシャルメディアにも見た目があります

 

でも、たくさんの方と交流する中で、
ソーシャルメディアの見た目が「もったいないなぁ」と感じる方が多くいらっしゃいます

 

名刺交換して
Facebookでお友達になったときに
名刺とFacebookのイメージが全然一致してなくて…

 

名刺を見返したり
Facebookを見返したりしたときに
「この人はだれだっけ?」と忘れてしまうこともしばしばあります

そんな経験はないでしょうか?

そして、名刺を整理するときや
Facebookのお友達リストを整理するときに
思い出せない人はサヨナラ…をしますよね

 

だれだって、サヨナラされる側にはなりたくないはず

 

昔ながらの名刺の作り方ではなく、
今の時代に合わせた名刺作りが必要です
そして、今や名刺代わりともなっているソーシャルメディアの見た目作りも必要です

 

それぞれで大切なポイントがあります

 

ひとつめは、きちんとブランディングされた名刺を作るということ

 

ブランディングされた名刺とは
「コンテンツ」と「世界観」をあわせもった名刺です

 

「コンテンツ」は、
なんの専門家で、どんな人に対して、どんなことができるのか、という内容の部分です

 

「世界観」は、
その人らしさ、魅力、パーソナルな部分です

 

「コンテンツ」だけでは、
印象に残らないか、他の同業者と比べられてしまいます

 

「世界観」だけでは、
一体何屋さんなのか伝わりません

 

だから、どちらもあわせもった名刺が必要です

 

ブランディングされた名刺の作り方は
長くなりますのでまた別の記事に書きます

 

大事なポイントふたつめは、
その作り上げたブランディングで、すべてのメディア(名刺、ソーシャルメディア、SNS、ブログ)の見た目を統一するということ

 

名刺とメディアの見た目が一致してないと
「この人だれだっけ?」とサヨナラされる側になりかねません

 

名刺に記載されている連絡先に直接連絡が来ることは、まれです
ほとんどが、Facebookやブログなどを見て、ネット上を通じてその人のことをよく知ったり、交流を深めたりして、
メッセンジャーやコメント欄などを通じてご連絡いただくことがほとんどです

 

だからこそ、すべてのメディアの見た目を統一しておくことで、自分のことを覚えてもらいやすく、また統一感もあるため信頼性が増します

 

Facebookを活用したブランディングの見せ方作りのポイントも、別の記事でお伝えします

今回は大事なことだけ、大テーマをお伝えさせていただきました

くわしくは、また別の記事で書いてゆきます



自分らしさで慕われる
オリジナル名刺作成

福岡を拠点におひとり様起業家の方のための
オリジナル名刺作成・名刺の作り方講座、
ヘッダー画像作成、アメブロカスタマイズなどを行っております